インダストリー4.0とは - インダストリー4.0ジャパン

インダストリー4.0とは

インダストリー4.0とは、ドイツ政府が推進する製造業の高度化を目指す戦略的プロジェクトであり、情報技術を駆使した製造業の革新の事を差す。 工業、特に製造業を高度にデジタル化する事により、製造業の様相を根本的に変え、マス・カスタマイゼーションを可能とし、製造コストを大幅に削減することを主眼に置いた取り組みである。 全ての機器がインターネットによってつながり、またビッグデータを駆使しながら、機械同士が連携して動く事はもとより、機械と人とが連携して動くことにより、製造現場が最適化されると想定している。

インダストリー4.0の語源は?

i40outline

第1次産業革命では水・蒸気を動力源とした機械を使った生産の事を指し、第2次産業革命では電気を使い機械を動かして分業の仕組みを取り入れたことにより大量生産(マスプロダクション)が可能となり、そして第3次産業革命はコンピューターエレクトロニクスを使ったオートメーションが実現された。 インダストリー4.0はそれに続く「第4次産業革命」という意味合いで名づけられたものである。

インダストリー4.0が注目されている背景は?

現在ドイツの電子機器メーカーや自動車メーカー、IT・通信企業が中心となり、「スマートファクトリー」つまり「自ら考える工場」を目指して機器の開発やビッグデータの扱い・標準化について取り組んでいる。

工場を中心にインターネットを通じてあらゆるモノやサービスが連携することで、新しい価値やビジネスモデルの創出を目指した取り組みであり、ドイツに限らず、北米や日本にもその考え方が波及しており、米国では「インダストリアルインターネット」として同様の取り組みがなされている。

実現すれば、工場を中心にインターネットを通じてあらゆるモノやサービスが連携することで、新しい価値やビジネスモデルの創出ができる可能性を秘めているため、日本にもその考え方が製造現場に取り入れられつつあります。

インダストリー4.0で生まれ変わるスマートファクトリーはこうだ!

  • モノのインターネット化(IoT)により、設備が人と強調して動くシステム(Cyber-Physical Systems )が実現
  • 拡張現実(Argumented Reality)を活用した、オペレーター作業支援
  • ビッグデータ(Big Data)やクラウド(Cloud Computing)を活用した、徹底した品質追跡管理および工程改善
  • 消費者に合わせた一品一様の商品づくりである、マスカスタマイゼーション(Mass Customization)

i40relationship

インダストリー4.0の呼ばれ方

インダストリー4.0は、英語ではIndustry 4.0、ドイツ語ではIndustrie 4.0と記され、日本語ではインダストリー4.0として認知されているが、インダストリ4.0とかインダストリアル4.0と表記されることもある。当サイトでは「インダストリー4.0」と表記を統一して記載いたします。


コメントを残す

  • 最近のコメント